HOME>トピックス>妊娠中も美しい肌を守るなら毎日のお手入れが大切

妊娠線や肉割れを予防

クリーム

妊娠すると日に日に体型は変わっていきますが、急激なお腹の膨らみに対応できず、肉割れができてしまうことがあります。そして一度できてしまうと完全に消すのは難しいものもあります。妊娠・出産を経ても美しい肌を維持するなら妊娠線予防クリームでしっかりと予防しておきましょう。

保湿性に優れている

クリーム

妊娠線を予防するためには急激に体重を増やさないよう注意することが大切ですし、肌の乾燥も良くありませんので保湿を丁寧に行うことが大事です。一般的なボディクリームでもある程度の効果は期待できますが、専用の商品である妊娠線予防クリームは保湿性に優れていますのでより高い効果が期待できます。

安全性の高いものを選ぼう

妊娠線予防クリームを選ぶ際はお腹の赤ちゃんへの影響も考えて、できるだけ有害な物質が入っていない安全性の高い商品を選びましょう。それから、妊娠中は匂いにも敏感になる傾向がありますので、香料の入ったものでは使っている最中に気分が悪くなる可能性もあります。選ぶ際は微香タイプや無香料を選んでおくとより安心です。

バストや太ももにも使おう

妊娠線予防クリームはお腹部分には特に丁寧につけていきたいところですが、バストや太ももも肉割れしやすい傾向にありますので、こうした部位もしっかりとケアをしておくことがおすすめです。妊娠中はもちろん、出産後もお手入れに使うことでより早く肌が回復することが期待できます。塗るタイミングとしては体が温まっており、肌も柔らかくなっているお風呂上りがおすすめです。乾燥が気になる部位は特に丁寧に塗っておくと良いでしょう。

広告募集中